ブログ

【 2017年3月31日 − 支店長ブログ

中間処分場こそが起点であり何かが生まれるんです!

みなさんこんにちは。まだまだ肌寒いというのが春らしいと言えばそうなのでしょうが、暖かさが待ち遠しいですね

さて年度末になりまして弊社も配車がいっぱいになってきました。当月は企業さんの年間の在庫の棚卸整理もありまして、年末12月と並ぶ搬入量があります。

半期が終わろうとしておりますがナカダイの資源化率(単純焼却・埋立などの未資源化を除く)94.1%リサイクル率(埋立を除く)98.7%となる感じで、残念ながら目標値に達しておりません。

年間で95%の資源化率99%のリサイクル率というのはナカダイのブランドイメージそのものであります。これは四捨五入すればなっているということじゃなく 必達の目標であります。やればやるほどリサイクル率があがるものもありますが、手をかけたとしてもあまり変わらないものもあるのが現実です。関わる人件費や委託費の増があったとしても、通常のリサイクルルート以上の質の変化で付加価値を高め トータルの収益も合わせたいと思っております9月までに具体的なロードマップを策定し、リバイバルしてみせます。

どなたにも利用して頂き、ナカダイのエッセンスが加わることでリサイクル率99%で循環される仕組みを永続させることが課せられたミッションであると思います。そうだとすると、入荷の段階の一定レベルの分別+ナカダイの技術・見地+ステークホルダー様の技術・見地が必要です。

このリサイクル率は中間処分場が終点じゃなく、モノの折り返し中間地点で起点であることの証明にもなります。地域の営みとともに皆様の事業の新しい価値の発信のお手伝いをしていければと存じます!